催眠療法で心の不調を改善

催眠療法とはヒプノセラピーと呼ばれています。これは、心理療法の一つであり、催眠誘導という手法を使い、私達が普段意識していない潜在意識につながっていきます。人の意識とは潜在意識(無意識、心)と顕在意識(頭)に分れています。 […]

催眠療法とはヒプノセラピーと呼ばれています。これは、心理療法の一つであり、催眠誘導という手法を使い、私達が普段意識していない潜在意識につながっていきます。人の意識とは潜在意識(無意識、心)と顕在意識(頭)に分れています。心の大部分が潜在意識と言われており、生まれてから現在までの全ての記憶があってそこから様々感情と結びついていると言われています。この無意識の部分につながり、心の不調の問題点となっている原因や傷を癒し、いつも頭で考えて判断しているけど、自分の本当の感情に触れ、本当の気持ちや望みを知ります。催眠と言っても全く意識が無くなったり、勝手に誘導されたりということはありません。意識はあるし、セラピストの話も分ります。リラックスしたボーっとした状態です。こういった感覚は私達は毎日経験している感覚です。うたたねや朝目覚ましが鳴って起きるまでの間、照明を落とした部屋にいる時等の状態です。催眠療法の効果は、トラウマの解消や性格の改善、心因性の疾患等が挙げられます。日本ではまだ認識は低いのですが、アメリカでは50年前から効果は認められており、医学分野の一つとして捉えられています。

催眠療法はポピュラーな心理療法となっている

体調不良や心理的なストレスを抱えた人に施術する治療法の一つとして、催眠療法が注目され広く行われています。適切な施術を行うことで効果的な治療結果を得られるケースがあるため、心療系の治療においてカウンセリングとともに有効な治療方法として行われます。一般に心理療法とは、催眠状態に誘導するための催眠誘導が行われ、問題を解決するために必要な情報を患者から引き出すようにします。催眠状態では顕在意識、潜在意識のいずれもあり判断力がある状態です。この状態からふだんは表に出てこない記憶や知識を有効に引き出していきます。米国では安全性と即効性が認められて、協会が認定した催眠療法士が活躍する機会があります。催眠療法により体をリラックスさせことができ自律神経の調整に役立つなど体調を整えるという効果も期待できます。

催眠療法とはどんな事なのか

治療法の中にたまに催眠療法という言葉を聞いた事がある方もいらっしゃるでしょう。催眠療法は医学的にしっかりと認められた治療法の一つとされ、催眠誘導を行なう事で普段は閉じられている潜在意識から問題解決や自己成長へと繋げていく心理療法です。催眠と聞くと少々恐いイメージをお持ちの方もいますが、決して意識がなくなる訳ではありません。意識は顕在意識、潜在意識と二つに分かれており、普段自覚している意識を顕在意識と言います。この顕在意識を保ったまま催眠状態へと誘うので、自己意識もはっきりとしており、嫌な事は嫌としっかり言える状態です。また催眠状態の時は専門のセラピストがしっかりサポートして適切な催眠誘導を行うので安心しておいても良いでしょう。催眠療法では昔のトラウマ経験解消、自信回復、ストレス軽減、集中力向上効果などが期待できます。